スタンリー・トゥッチ

名前は知らないけれど、顔は見たことがあるハリウッド俳優のランキングがあれば、絶対に上位に君臨するであろう俳優がスタンリー・トゥッチです。主役を演じることはほとんどないですが、物語を彩る重要な脇役として出演することが多く、どんな役でも存在感を示す個性的なバイプレイヤーの1人と言えると思います。映画「バーレスク」では衣装係でテスの元恋人という濃い役柄を演じていました。これまで数々の名作映画に出演しており、ゲイの役、父親役、殺人鬼など様々な役をこなしているだけでなく、映画監督としても活躍しています。

プロフィール

1960年11月11日生まれ。アメリカ合衆国ニューヨーク州ピークスキル出身。イタリア系アメリカ人の家庭に生まれました。父親は教師で、母親は秘書をする傍ら作家としても活動していました。姉妹のクリスティーンも俳優をしており、従兄弟のジョセフ・トロピアーノは脚本家として活動しています。また、俳優のキャンベル・スコットは高校時代の友人で、自身も高校時代から学校の演劇クラブに参加していました。ニューヨーク州立大学を卒業し、舞台俳優として活動を始めます。1982年に「The Queen and the Rebels」でブロードウェイデビューを果たしました。1985年には「女と男の名誉」で映画デビューを果たし、以後はドラマや映画を中心に活動します。「ビリー・バスゲイト」や「ペリカン文書」など数々の名作に出演。その後1996年には、従兄弟のジョセフ・トロピアーノ脚本の「シェフとギャルソン、リストランテの夜」をキャンベル・スコットと共に監督し、映画監督デビューも果たしました。この映画では自身が主演も務め、インディペンデント・スピリット賞新人脚本賞や、サンダンス映画祭など数々の賞を受賞しました。以降も「地球は女で回っている」、「ロード・トゥ・パーディション」、「ターミナル」などのヒット作に出演し続けます。2004年には周防正行監督の映画「Shall we ダンス?」のハリウッドリメイク版に出演し、オリジナル版で竹中直人が演じた役を務め、怪演を披露し好評を博しました。また、ドラマでも活躍しており、「ザ・ジャーナリスト」と「謀議」ではゴールデン・グローブ賞を受賞しています。2009年に出演した映画「ラブリーボーン」では、それまでの人の好いイメージを捨て、凶悪な連続殺人鬼の役を演じ、第82回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。私生活では1995年にソーシャルワーカーの女性ケイト・トゥッチと結婚。彼女との間に3人の子供をもうけましたが、2009年にケイトは乳がんで亡くなっています。その後、「プラダを着た悪魔」で共演したエミリー・ブラントの紹介で、彼女の妹で著作権エージェントのフェリシティと出会い、2011年に婚約。2人は2012年に結婚しています。

受賞歴とノミネート

受賞

  • 1996年 ニューヨーク映画批評家協会賞新人監督賞「シェフとギャルソン、リストランテの夜」
  • 1996年 インディペンデント・スピリット賞新人脚本賞「シェフとギャルソン、リストランテの夜」
  • 1998年 ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ部門)「ザ・ジャーナリスト」
  • 1998年 エミー賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ部門)「ザ・ジャーナリスト」
  • 2001年 ゴールデングローブ賞助演男優賞(ミニシリーズ/テレビ部門)「謀議」

ノミネート

  • 2009年 アカデミー賞助演男優賞「ラブリーボーン」
  • 2009年 ゴールデングローブ賞助演男優賞「ラブリーボーン」
  • 2009年 英国アカデミー賞助演男優賞「ラブリーボーン」
  • 2009年 放送映画批評家協会賞助演男優賞「ラブリーボーン」

主な出演作品

映画

  • 1985年「女と男の名誉」・・・兵士役。スタンリーの映画デビュー作。
  • 1987年「フーズ・ザット・ガール」
  • 1988年「モンキー・シャイン」・・・ジョン・ワイズマン
  • 1989年「ニューヨークの奴隷たち」・・・ダリル
  • 1990年「コールド・ブラッド/殺しの紋章」・・・マル役
  • 1990年「ホノルルの熱い夜」・・・パトリック役(テレビ映画)
  • 1990年「クイック・チェンジ」・・・ジョニー役
  • 1991年「ビリー・バスゲイト」・・・ラッキー・ルチアーノ役
  • 1992年「イン・ザ・スープ」・・・Gregoire役
  • 1992年「ベートーベン」・・・ヴァーノン役
  • 1992年「キスへのプレリュード」・・・テイラー役
  • 1992年「パブリック・アイ」・・・サル役
  • 1993年「アンダーカバー・ブルース/子連れで銃撃戦!?」・・・モーティ役
  • 1993年「ペリカン文書」・・・カーメル役
  • 1994年「あなたに降る夢」・・・エディ役
  • 1994年「ミセス・パーカー/ジャズエイジの華」・・・フレッド・ハンター役
  • 1994年「サムバディ・トゥ・ラブ」・・・ジョージ役
  • 1995年「陪審員だよ、全員集合」・・・フランク役
  • 1995年「死の接吻」・・・フランク役
  • 1996年「デイトリッパー」・・・ルイス・ダミコ役
  • 1996年「シェフとギャルソン、リストランテの夜」・・・セコンド役(監督・脚本も担当)
  • 1997年「地球は女で回ってる」・・・ポール・エプスタイン役
  • 1997年「普通じゃない」・・・エリオット役
  • 1998年「インポスターズ」・・・アーサー役(監督・脚本・製作も担当)
  • 1998年「ザ・ジャーナリスト」・・・ウォルター・ウィンチェル役(テレビ映画)
  • 1999年「真夏の夜の夢」・・・パック役
  • 2001年「サイドウォーク・オブ・ニューヨーク」・・・グリフィン役
  • 2001年「謀議」・・・アドルフ・アイヒマン役(テレビ映画)
  • 2002年「ロード・トゥ・パーディション」・・・フランク・ニッティ役
  • 2002年「メイド・イン・マンハッタン」・・・ジェリー・シーゲル役
  • 2003年「ザ・コア」・・・コンラッド・ジムスキー博士役
  • 2004年「ライフ・イズ・コメディ!ピーター・セラーズの愛し方」・・・スタンリー・キューブリック役
  • 2004年「ターミナル」・・・フランク・ディクソン役
  • 2004年「Shall we Dance」・・・リンク役
  • 2005年「ロボッツ」・・・ハーブ・コッパーボタン役(声の出演)
  • 2006年「ラッキーナンバー7」・・・ブリコウスキー役
  • 2006年「プラダを着た悪魔」・・・ナイジェル役
  • 2006年「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」・・・シェルトン・フィッシャー役
  • 2008年「トラブル・イン・ハリウッド」・・・スコット役
  • 2009年「ジュリー&ジュリア」・・・ポール・チャイルド役
  • 2009年「ラブリーボーン」・・・ジョージ・ハーヴィ役
  • 2010年「バーレスク」・・・ショーン役
  • 2011年「マージン・コール」・・・エリク・デイル役
  • 2011年「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」・・・エイブラハム・アースキン博士役
  • 2012年「ハンガー・ゲーム」・・・シーザー・フリッカーマン役
  • 2012年「ハンガー・ゲーム2」・・・シーザー・フリッカーマン役
  • 2014年「トランスフォーマー/ロストエイジ」・・・ジョシュア役
Page Top