シェール

映画「バーレスク」で抜群の存在感を示したシェール。そのエキゾチックな顔立ちと、哀愁の篭った歌声に心奪われた人も多かったのではないでしょうか。実は私、恥ずかしながらこの映画を観るまで彼女のことを存じ上げておりませんでした。バーレスクを観たという友人たちも、軒並み「あの人凄かったよね」とはいうものの、どんな人なのかは知らない様子。そこで調べてみたところ、女優としてアカデミー賞を受賞しているほか、歌手としてグラミー賞も受賞している凄い人だったのでした。あの圧倒的なオーラは経験と実力に裏打ちされたものだっただと妙に納得してしまいました。

プロフィール

シェールはアメリカ合衆国カリフォルニア州エルセントロ出身の歌手・女優です。1946年5月20日、アルメニア系の父親とチェロキー・インディアンの母親の間に生まれました。歌手のソニー・ボノに見いだされて18歳で彼と結婚します。「ソニー&シェール」という名前で活動をはじめ、「アイ・ガット・ユー・ベイブ」などがヒットしたのですが、1975年に離婚しました。ソニー・ボノとのデュオと並行して、1966年頃からソロとしても活動します。チェロキーの血筋を前面に押し出したイメージ戦略で「悲しきジプシー」「ハーフ・ブリード」「ダーク・レディ」などが全米No.1に輝き、日本でも頻繁にラジオで流されました。1976年にはオールマン・ブラザーズ・バンドのフロントマン、グレッグ・オールマンと結婚しますが、僅か3年後の1979年に離婚しました。その後はディスコサウンドも取り入れた「テイク・ミー・ホーム」が1979年に大ヒットします。1987年にはゲフィン・レーベルに移籍し、マイケル・ボルトンやデスモンド・チャイルドらがソングライティングに加わったロック色の濃いアルバム「Cher」をリリースしました。ファーストシングルの「I Found Someone」が10位、セカンドシングルの「We All Sleep Alone」が14位とシングルが続々とヒットしました。アルバムもプラチナディスクを獲得しています。その後、ピーター・セテラとのデュエット「After All(Love Theme From Chances Are)」が6位とヒットを放っている中で、アルバム「Heart Of Stone」をリリースしました。レコーディングには、当時彼女と付き合っていたボン・ジョヴィのリッチー・サンボラも加わっています。このアルバムからのファーストシングル「If I Could Turn Back The Time」が3位とヒットを放つと、続く「Just Like Jesse James」が8位、サードシングルの「Heart Of Stone」も8位とヒットが続きました。特に「If I Could Turn Back The Time」のプロモーションビデオはアメリカ海軍の軍艦上でロケが行われ、多数の水平のエキストラを前にしてのT-バックスーツでの出で立ちで砲台に跨る姿は話題となりました。その後、1991年に「Love Hurts」をリリース。1995年にはワーナーへの移籍を経て「It's A Man's World」をリリースするもののビッグヒットには至りませんでした。しかし、1998年にヨーロッパで先行してリリースしたシングル「Belive」が大ヒットとなり、その後各国で1位を獲得しました。このヒットを受けて米国でも1位をとった「Belive」は世界を席捲しました。この曲で彼女は、念願のグラミー賞を受賞。さらにこの「Belive」は、世界中のヒット曲をランキングしたワールドチャートにて現在歴代1位という輝かしい大記録を保持しています。

女優として

1980年代に入ってからは女優としても活動を始めています。1984年の「マスク」ではカンヌ国際映画祭女優賞を、1987年の「月の輝く夜に」ではアカデミー主演女優賞を受賞しました。歌手が女優をすることにあまりよい評価を下さないことで知られているアカデミー賞において、主演女優賞を受賞したことは大きな功績であり、一説には歌手業をセーブして女優に専念したことが高く評価されたのではないかと言われています。また、授賞式の際に彼女が纏っていたシースルーのドレスは今でも語り継がれている程人々にインパクトを与えました。それまでもそのエロチックな姿勢や衣装で何かと注目を集めたシェールでしたが、プライベートな嗜好でも常に話題性に富み、臀部には蝶の刺青を入れるなど、全身にあらゆるタトゥーを入れていたことは有名でした。また、直していないところはないと言われるほど整形を繰り返しており、そのことを本人も認めているという点でも有名です。彼女の芸歴は1960年代からという長いものでしたが、あくまでも音楽活動がメインであり、映画ファンにも知られるようになったのは女優活動を活発に行うようになった1980年代後半からでした。

近年の活動

1999年には、ニューヨークのビーコン・シアターで行われたディーヴァズ・ライヴに、ティナ・ターナーやエルトン・ジョン、ホイットニー・ヒューストンらと共に出演し、「If I Could Turn Back Time」「Believe」の2曲と、ティナ・ターナー、エルトン・ジョンと共に「Proud Mary」を唄い、合わせて3曲を披露しました。同様に2002年にラスベガスのMGMグランドで行われた「ディーヴァズ・ライヴ エルヴィス・プレスリー・トリビュート」にもセリーヌ・ディオンやメアリー・Jブライジ、ディクシー・チックスらと共演し、「Believe」「Song For The Lonely」とエルヴィスのヒット曲「Heartbreak Hotel」の3曲、それにシンディ・ローパーとのデュエットで「If I Could Turn Back The Time」の合わせて4曲を披露しました。2000年以降は2001年にアルバム「Living Proof」をリリースし、歌手活動を引退すると宣言。北米、ヨーロッパを中心に「フェアウェル・ツアー」と題して最後のワールド・ツアーを行い大成功を収めました。2003年には映画「ふたりにクギづけ」に本人役で出演し、その後しばらく表舞台から遠ざかっていたのですが、2010年に7年振りとなる映画「バーレスク」に出演しました。2013年には、12年ぶりとなるスタジオアルバム「Closer To The Truth」をリリ-スし、初登場3位を記録します。これは自身の初登場記録を塗り替える快挙でした。さらに、ソニー&シェール時代にリリースした「Look At Us」が発表された1965年から2013年のこのアルバムまで48年以上の歳月に渡ってビルボード上でTOP5に入るアルバムをリリースした人物としての記録も塗り替えています。

ディスコグラフィー

アルバム

  • 1969年「3614 Jackson Highway」
  • 1971年「Gypsies, Tramps & Thieves」
  • 1972年「Foxy Lady」
  • 1973年「Bittersweet White Light」
  • 1973年「Half Breed」
  • 1974年「Dark Lady」
  • 1975年「Stars」
  • 1976年「I'd Rather Believe In You」
  • 1977年「Cherished」
  • 1979年「Take Me Home」
  • 1979年「Prisoner」
  • 1982年「I Paralyze」
  • 1987年「Cher」
  • 1989年「Heart Of Stone」
  • 1991年「Love Hurts」
  • 1995年「It's A Man's World」
  • 1998年「Beleive」
  • 2001年「Living Proof」
  • 2003年「Live - The Farewell Tour」
  • 2006年「The Long And Winding Road」
  • 2007年「The Best of Cher: The Imperial Recordings 1965-1968」
  • 2013年「Closer to the Truth」

出演映画

  • 1983年「シルクウッド」・・・ドリー役。シェールの映画デビュー作。核燃料工場労働組合の活動家、カレン・シルクウッドの半生と謎の死をまとめたノンフィクション「カレン・シルクウッドの死」を基にしている。
  • 1985年「マスク」・・・ライオン病と呼ばれる奇病を持ったロッキー・デニスの生涯を描いた作品。ロッキーの母親を演じたシェールはカンヌ映画祭女優賞を受賞した。
  • 1987年「月の輝く夜に」・・・ニューヨークを舞台に、イタリア系アメリカ人の人間模様を描いたロマンティック・コメディ。シェールは主役のロレッタを演じ、アカデミー主演女優賞を受賞した。
  • 1987年「容疑者」・・・殺人事件の容疑者となった浮浪者カールを救うため、女性弁護士が真相を明らかにしようと奔走するというストーリー。シェールは弁護士・キャスリーンを演じた。
  • 1987年「イーストウィックの魔女たち」・・・彫刻家・アレキサンドラ役。アメリカのホラーコメディ映画で、日本では有楽町マリオン新館7階にオープンした「丸の内ルーブル」のこけら落とし作品として上映された。
  • 1990年「恋する人魚たち」・・・60年代のアメリカを舞台に、マサチューセッツにやってきた母娘のそれぞれの恋愛劇をコミカルに描いた作品。奔放な母親レイチェルを演じた。
  • 1992年「ザ・プレイヤー」・・・ハリウッドの裏側を描く群像劇。シェールはカメオ出演。
  • 1998年「ムッソリーニとお茶を」・・・1930年代のイタリアで異邦人でありながら自由奔放に生きた5人の女性たちと、一人の孤独な少年とのふれあいを描いたヒューマン・ドラマ。シェールは元踊り子のエルサを演じた。
  • 2003年「ふたりにクギづけ」・・・腰のところでつながった結合双生児のボブとウォルトが引き起こす騒動を描いたコメディ映画。本人役で出演。
  • 2010年「バーレスク」・・・借金まみれのラウンジ「バーレスク」の女主人・テスを演じた。
Page Top